生活費が最も高い州、ハワイが全米1位

生活費が最も高い州、ハワイが全米1位 カリフォルニアが3位

 

ハワイ州の一戸建て住宅の平均価格は100万ドル(約1億2500万円)を超えているほか、毎月の平均光熱費は388.65ドル(約4万8千円)に達しています。全米で最も生活費の高い州のトップ10は以下の通りです。

1位 ハワイ州
2位 ワシントン州
3位 カリフォルニア州
4位 オレゴン州
5位 ニューヨーク州
6位 マサチューセッツ州
7位 メリーランド州
8位 アラスカ州
9位 コネティカット州
10位 ロードアイランド州

(KHON2 Newsより)

生活費が最も高い州、ハワイが全米1位

==

2021年の9月にハワイ〜カリフォルニアへ不動産の視察に行ってきました。

コロナ禍、ウッドショック、物価の上昇、金利の上昇、物流コストの上昇、アメリカでの新築需要の伸び、建材コストの上昇、住宅・不動産価格の上昇

(これらの上昇により茨城県でも住宅価格は上がりました!)

報道と実際の現場での乖離がある場合もあり自分の目で確認してきました!

オアフ島、ロサンゼルス郡では1億円以下の一戸建て住宅を見つけることはできませんでした!(T_T)

 

 

結論、住宅価格は上がっています。 

2021年9月はコロナ問題 

2022年はウクライナ問題で更に上ることでしょう!

 

ロサンゼルス郊外アナハイム近郊のモバイルホーム(2000万円)

→タウンハウス(4000万円)

→コンドミニアム(8000万円)

→ 一戸建て(1億超え)

 

 

住宅価格は国際社会の影響をモロに受けますので、

先日、常陽銀行の住宅ローン担当の銀行員の方とのお話しでも

「このまま日本が低金利政策を続けていくのは、国際社会との影響もあり難しいのでは?」との見解でした。

金利上昇に備えて、完全固定金利の選択をしたり、繰り上げ返済の計画はとても大事です。

 

そもそも住宅価格が高い地域に拠点を構えると、金利リスク、住宅ローン返済も大変です。

そのような理由もあってか、最近は、都内、千葉、埼玉など南関東から、茨城県南への移住も増えてきました。

土浦駅〜取手駅から都心まで通勤される方も多いです。

 

茨城県への移住も検討されるようであれば

一度、Y-DOKEN(やしおどけん)橋本までお問い合わせください。

電話:050-1003-5885

 

 

 

 

やしおどけん橋本

茨城に移住してきたからこそ分かる茨城の魅力。素敵な不動産物件やスポットも紹介できますので是非お問い合わせください!
 
夫婦でやっている不動産屋さん 八潮土建(やしおどけん)の代表 橋本夫妻です。

茨城県南で新築建売住宅の販売をしています。

関連記事

PAGE TOP