カリフォルニアの不動産視察

カリフォルニアの不動産視察

 

昨年の10月のことですが、カリフォルニアのロサンゼルスへ不動産調査に行ってきました。(2022年度は12月頃を予定)

目的は:

・コロナ禍での不動産価格の上昇率

・物価指数

・住宅ローン金利

・不動産の販売価格

・日本にどんな影響があるのか?

を調査してきました。

 

 

、、、、難しいことは置いていて、簡単に言うと、、、

 

不動産も食品も高騰していました!

日本なら400円前後で食べられる刺身が、、、2000円位。

カリフォルニアではスーパーのお刺身でも気楽に食べられる価格ではありません。(T_T)

 

住宅ローンの金利は2021年度より2022年度は更にあがりました。

住宅ローン金利も完全固定4.5%前後でしたが、、、

2022年度は、30年の完全固定で5.15%です。

しかもロサンゼルス郡では1億円以下の物件はありません。

治安が悪く火事で壁で焼けている中古住宅でさえ30万ドル=4000万円以上でした。

 

日本の長期固定金利を見直す話しもチラチラ報道されます。

ちなみに私が不動業界に入った日本の1995年位は完全固定金利で3.6%くらいでした。

 

2022年現在、欧米や近隣諸国のアジアも含め、、利上げ政策を続けれる中、、、

日本だけで低金利、ゼロ金利政策を続けることは難しくなってくるかもしれません。

 

長期金利が上昇すると、、、

住宅ローンの完全固定も上昇しますので、

 

今のうちに低金利な完全固定で住宅ローンを組まれると将来が安心です。

 

ちなみ日本でも変動金利の変化はほとんどありませんが、、、

 

完全固定金利はどの金融機関も利上げしています。、

みずほ銀行さんで1.7%位 ファミリーライフ住宅ローンさんで1.55%

 

常陽銀行さんには完全固定金利1.1%の住宅ローン商品があるので、、

 

弊社Y-DOKEN(やしおどけん)から家を購入される方で、

金利上昇リスクをヘッジしたい方には、、

常陽銀行さんの完全固定金利をオススメしております。\(^o^)/

 

 

難しく金利の話しばかりになったので、、、

このあとは、カリフォルニアの不動産の写真を掲載しておきます。

安価なモバイルホームから、タウンホーム、コンドミニアム、一戸建て、ビーチフロントの超リッチな不動産の写真です。

どうぞお楽しみください!\(^o^)/

 

  

    

  

  

 

カリフォルニア不動産調査

 

不動産のこと、金利のこと、住宅リフォームのこと、相続のことなど、、

Y-DOKEN住宅販売(やしおどけん)橋本までお気軽にお問い合わせください!\(^o^)/

電話:050-1003-5885

 

 

 

 

やしおどけん橋本

茨城に移住してきたからこそ分かる茨城の魅力。素敵な不動産物件やスポットも紹介できますので是非お問い合わせください!
 
夫婦でやっている不動産屋さん 八潮土建(やしおどけん)の代表 橋本夫妻です。

茨城県南で新築建売住宅の販売をしています。

関連記事

PAGE TOP