築20年中古住宅の調査

中古住宅の調査

不動産売買契約の前段階として、住宅の調査をしました。

水道の水漏れ点検、ガスの試運転など、ガス会社さんを交えて調査してきました。

築20年を超える住宅には、経年変化は設備等の劣化、故障、水漏れなどが発生することがあるため、契約前に物件の事前審査をしました。

給湯器の水漏れがあることがわかりました。給湯器の耐用年数は基本10年ですので自然のことなのです。

ちなみに給湯器の交換は15万〜25万円です。(壁掛けタイプ20号)

他にも雨漏り調査、床下点検、窓の開閉、残置物の調査、役所調査、敷地調査、近隣にある他の中古住宅の調査、物件のお隣さんに聞き込み調査などを実施致しました。

買主さん、売主さんが安心して不動産取引をできるようにとりまとめ、必要な準備を適切に行うのも、不動産仲介会社の営業マンの役割です。

おかげさまで、物件調査の結果を、買主さん、売主さんに報告をして、本日不動産売買契約契約となりました。

買主のK様、売主のM様、誠にありがとうございました!

牛久市 中古住宅の調査

家の水栓を締めた状態で「丸い銀色」は回っていたら水道管から水漏れがあることが分かります。

調査した中古住宅には水漏れはありませんでした。

給湯器も、20年異常の経年劣化があり、耐用年数を越えています。

いずれにしろ交換が必要でした。

給湯器からの水漏れがあることが分かりましたので、給湯器交換の予算を見込んでおきます。

牛久市の中古住宅

 

中古住宅を売るなら

中古住宅を買うなら

やしおどけん橋本まで、ご相談ください。

050-1003-5885

 

PAGE TOP