雨水浸透桝(ます)とは?

雨水浸透桝

雨水浸透ますは雨水流出抑制が目的です。
都市化、市街地化が進んでいる河川では、雨水を河川に放流することにより、小降雨量の時にも、増水氾濫することが多く見られます。
空から降った雨水は大地へ浸透させて還元する。
そんな自然の摂理を尊重した雨水排水設備――雨水浸透ます。
地下水の汲みあげによる地盤沈下を防ぐと共に、大地に充分な保水力がつき、植木や園芸等の緑化の促進に役立ちます。
雨水浸透ますは地質、置換材、気象状況等のさまざまな影響を受けるものです。
設置個数や施設設計、施工条件に制限がありますが、雨水浸透ますを使用することにより、もたらされるメリットも多く、環境保全の一役を担います。

※枡メーカーのタキロンシーアイさんより参照しました。

===============

雨が降った時に、雨どいから流入してくる雨水を受けるバケツのような枡(枡)のことです。

枡の許容量を超えた大雨やゲリラ豪雨では、雨水で溢れ桝のフタが浮きます。

ゲリラ豪雨の時には庭一杯に雨水が溜まることがありますが、雨水はジワジワと地下へ浸透していきますのでご安心ください。

敷地外へ排水することが出来ないルールの地域では一般的に浸透枡を配置する事になります。

 

 

関連記事

PAGE TOP