建売のメリットとは?

建売のメリットとは?

 

・完成しているので分かりやすい!

内見すれば18帖のLDK(リビング、ダイニングキッチン)が

お客さんの感覚で広いと感じるのか、狭いと感じるのか実際に体験できる

 

・家具の配置のイメージができる

テレビの位置、ダイニングテーブルの位置

ソファの位置をどこに配置すればいいのか

頭の中でイメージする必要がなく

実物でイメージできる

 

・イメージと違ったという後悔が少ない

注文建築で思い描いていたイメージと違かった。

間取り、仕様打ち合わせに何ヶ月も費やしたが

実際に建物が完成したら

広さも、デザインも

思い描いていたイメージと全然違った

折角、費やした、時間と労力とお金が無駄になった

満足度が少ない、後悔感がある・・

 

 

建売(家具レイアウト)

建売 家具レイアウト例

 

 

※余談

ハウスメーカーによって

面積や見積もりの表示方法が違います

施工面積表示(ベランダや屋根など実際に施工した面積)

延べ床面積表示(柱の中心から測る面積)

 

お客さんと話していてよくあること

「この家は本当に30坪?もっと広く感じるわ~」

ハウスメーカーによって

面積の表示方法が変わるため

こういった感想を

現場でよく聞きます。

 

次回は建売のデメリットについて書きます

PAGE TOP